ひろいもの日記

海や森でひろったさんごやどんぐりでアクセサリーを作っています。 作ったアクセサリーのことを中心に、日々のできごとを。

6月が嫌いだ。
またひとつ、悲しい記憶が重なった。

でも、私が一番好きな花、あじさいは6月にたくさん咲く。

工房のまわりにたくさん咲いているあじさいを部屋いっぱい飾る。

なぐさめられる。
ありがとう。


ここ最近部屋にずっといることが多かったのですが、夕方洗濯物を取り込みに行ったときのこと。

今日は朝からいい天気だったので、たくさんの洗濯物と、仕上げのどくだみ茶も干していました。

ふと空を見上げると、青い色とうろこ雲。

金色の光が差し込んで、暑くもなく寒くもなく、青々した木々が風にそよそよ揺れて、鳥が鳴いて、この世の美しいものを全て凝縮したようでした。

一緒に見たい
いろんなところに行きたい
見たことない景色をたくさん見たい
縁側でうたたねしたり、
楽しいこといっぱいしたいね

と心の中でつぶやきました。
しばらく見とれていました。

この景色を見ることができて、よかった。

梅雨にしては晴れの日が多くて、洗濯物が乾かない〜という日が少なかったものの、今日は朝からずっと雨です。

部屋干ししていると、部屋の湿度が外より上がるので、たまに換気扇かけながら空気の入れ替え。
入ってくる風も湿っていますが…。

先日、梅雨入りぎりぎりで作り終えたよもぎ茶。
血行を良くして体を温める強い味方です。今年もたくさん作ることができて、一安心。
遅れて、どくだみ茶も作っています。
こちらは、体のどくを出す作用があります。
私には冷えすぎるので、師匠向け。
最近ポツポツできものが多いので、早く飲ませたいところです。
今年のじゃがいもはきたあかり。
小さな畑で、少しですが収穫しました。
じゃがいもを植えた場所には翌年は植えないほうがよいというけど、畑がそこしかないから仕方ない(笑)

小さいじゃがいもは師匠が揚げてくれました。
ふかふかもちもちでうまい。
またもや謎の腹痛攻撃があり、1週間弱食べては出てしまう日々でした…。
原因がわからないけど、師匠は卵では?と。

小さい頃から黄身が食べられなくて、目玉焼きとゆで卵は白身しか食べませんでした。

今は嫌でも食べられていたけど、幼いころに嫌いなものって体が拒絶しているのかもしれない。
なすとトマトも嫌いだったけど克服したものの、今でも食べると体の調子が変になります。

油こいお肉類も最近あまり受け付けません。
ごはんと煮物と梅干しと味噌汁があればしあわせです。

烏骨鶏の卵だけ、卵かけごはんで食べられるけど、最近ぜんぜん産んでくれません。

梅雨時期は体がだるくなりますが、体を温めて元気にいきましょう〜!

このページのトップヘ