ひろいもの日記

海や森でひろったさんごやどんぐりでアクセサリーを作っています。 作ったアクセサリーのことを中心に、日々のできごとを。

「森の暮らしごと」というふたりのブログを立ち上げたので、こちらは終わりにしようかなぁと思いつつ、いつもちょびっとアクセスがあるのが申し訳なく、久しぶりに更新です。

最近は、毎日師匠と腹筋背筋スクワットなど、インナーマッスルを鍛えるストレッチをしたり、疲れやすいのは最近痩せすぎだからかも…と食べる量を増やしたり。
食べる量はもともとしっかりしているのですが。。

確定申告もなんとか終わり、今年もクラフトフェアの予定が決まってきたので、最近は制作に没頭しています。

今は型で作る器作り。

自分が陶芸を習っていたとき、型で作る器は楽している気がしてあまり好きではありませんでした。

でも、やってみると奥が深くて、すごく楽しくて、自分に合っている気がします。

ここをこうしたらもっとよくなるとか、反省点や改良点がたくさん見えて、向上しようと思えます。

生きていくために、なんの技量もない自分だけど、毎日こつこつと、少しずつ教えてもらいながら積み重ねて行きたいと思います。

今さらですが、陶芸教室でお金を払ってしていた趣味が、毎日仕事としてできるなんてほんとにしあわせだよなと感じます。

不安にばっかりとらわれないで、毎日を楽しみながら過ごせたらと思います。

image

ご無沙汰しておりました。。
いろいろとアップしたいことがありますが、お知らせです。

森の種陶工所の暮らしの仕事「暮らしごと」を綴るブログを新しく立ち上げました。

『森の暮らしごと』です。

綾部での古民家改修のこと、工房でのいろんな仕事のことなどを書いていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

P8121315


 

綾部のお家です。
P7291073
現在の工房が、住むにも仕事するにも手狭になってきたこと。
自分たちが食べるものは自分たちで作りたいという気持ちが強くなったこと。

そして何より、子どもの頃に過ごした田舎のような場所で暮らしたいという師匠の夢を叶えるために、新たな住処を探しはじめたのがちょうど去年の今ごろでした。

今住んでいる交野から遠くない場所から京都府の綾部市に辿り着き、いろんなお家を見ました。

条件は、仕事柄、母屋が他の家から離れていること。
川のそば。
工房になる離れが付いていること。

資料を見て、師匠が最初に気に入った、このお家にご縁を感じました。 
築100年はゆうに超える、茅葺屋根のお家です。
P7291087
場所は、綾部市といっても奥の奥。
水源の里と言われる、水が豊かで美しい、深い緑に囲まれた集落です。
P7291112
家の前に美しい川が流れています。
家の横にも、小さな小川が流れています。

とはいえ、はっきり言ってぼろぼろの家です(笑)
 
これから、自分たちで改修を始めます。
綾部での改修のようすは、新しくブログを立ち上げて発信していく予定です。

よろしくお願いします!
 

このページのトップヘ